うつ病のことを自分自身が受け入れることが大事

サイトメニュー

医者

仕事が辛いときには

うつ就職の状態になった場合には、精神科や心療内科に行くことで治療することが重要になります。精神科や心療内科に行く場合の仕組みですが、基本的には保険が適用されることになります。そのため、全て自己負担にならないで済むでしょう。
医者

うつ病で就職したいなら

うつ就職を目指すのなら、障がい者手帳を取得するために、病院のドクターに診断書を書いてもらうことをおすすめします。障がい者雇用枠を利用すれば、ライバルの少ない状態になるので就活を成功させられるかもしれません。
悩む男性

精神面でつらい場合

会社に就職してみたものの、考えているような職場でなければうつ就職状態になります。この場合、精神科や心療内科を選ぶ必要があります。可能な限り最新の機器を利用しているところ選びましょう。準備は、心の準備が重要です。
ストレス

就活に関する不安や悩み

就活を始めているけれど、なかなか内定が取れなかったり、友人が先に就職が決まってしまうと、うつ就職に罹ることもあります。精神的なストレスや重圧などが要因で発症することが多いです。うつ就職で悩んでいる人は、精神科や心療内科を受診して下さい。

負担をコントロールする

カウンセリングを受ける男性

自分自身を知ること

さまざまな情報が飛び交う現代において、うつ病は誰でも発症する可能性がある病気であることが認知されてきました。そのため、うつ病だからと言って就職できないということはなく、採用する企業側からしても、うつ病を患っている人を新規で採用することは珍しいケースではなくなりました。そのため、うつ病を理由に就職したくないと考えずに前向きに考えることがポイントです。うつ就職において、まず知る必要があることは、企業側がどのような人材を採用したいかという点を知ることです。うつ病を患っていたとしても、多くの企業の採用担当の人は、長期間会社で働いてほしいと考えています。そのため、体調が安定しているかということを重視しています。例えばアルバイトなどで安定した勤怠実績があれば、それを提出することで説得力が増します。また、うつ就職で大事なことは、それぞれの症状を自分自身が理解しているかということです。うつ病は周囲からは気づかれにくい病気であることから、実際に仕事を始めると考えていた以上に体に負担があり、体調を崩すケースがあります。しかしながら、自分自身の症状を理解していれば、取り組むことができる業務とそうでない業務をあらかじめ伝えることができ、安定した業務につながります。

うつ就職では自分自身の症状を理解することが大事ですが、それを理解すればどんな仕事でもできるとは限りません。特に仕事が原因でうつ病を発症した場合、再就職の業務内容によっては症状が悪化するケースもあるからです。そのため、自分自身の症状を受け入れているからこそ、適した仕事を選ぶことがポイントとなります。うつ就職において適している仕事のひとつが、ある程度マニュアル化している業務です。仕事のパターンが決まっているので順応性が高く、取り組みやすいことが特徴です。マニュアル化されているので業務量の変化も少ないので、特にブランクのある人にとっては体を慣らせていくためにはよい環境と言えます。一方である程度慣れてきたらチャレンジしたいと思える業務も出てくることもあります。その際には主治医とよく相談してチャレンジすることが大事です。そして、うつ病を発症する原因に人間関係もあります。職場の人間関係でうつ病を発症した人にとっては、職場という空間が体調を悪化させる可能性もあります。そのような場合には在宅ワークという選択肢もあります。最も落ち着く空間である自宅で業務に取り組むことで、徐々に体を仕事に慣らしていくことが可能となるメリットがあります。