うつ病のことを自分自身が受け入れることが大事

サイトメニュー

精神面でつらい場合

悩む男性

選び方と準備をしておくこと

就職をしてみたけども、なかなか自分の理想通りの会社であると感じる人は決して多くないでしょう。ただ、理想通りではないにしても、理想から30パーセントぐらいずれているのか、それとも100パーセントずれているのかによって自分の精神面に与えるダメージもまた随分と違ってきます。まじめな人ほど、自分の就職先は間違いないと考えて実際に就職してみたところ、理想と全く違ったとすれば大きな精神的なダメージを受けてしまうことになります。その中の人の何割かがうつ病になる可能性があるでしょう。うつ就職の状態で長く過ごしていても、ますます病気がひどくなるだけです。自分自身で気持ちを入れ替えればよい話ですが、うつ就職の状態になっている人はそこまで考えられません。この場合には、可能な限り精神科と心療内科に通うことが重要です。選び方ですが、まず最新の機器を利用しているところを選ぶのが一つ方法です。最近は、医者の診察だけでなく様々な検査が行われしかもCTやMRIなどでうつ病かどうかを判断してきます。このように判断して、問題がなければうつ病ではありませんが問題がある場合にはうつ病と診断されます。機械のように客観的に判断できるものならば、自分自身の状態がどのようになっているかも明確になりやすいです。

うつ就職の場面で、心療内科や精神科に行く場合には、準備が必要になります。準備といっても、旅行などに出かける訳ではありませんので、大したものは必要ありません。どちらかといえば、うつ就職をしている自分の気持ちを整理することに専念した方がよいです。例えば、この病気がなかなか完治しないとすれば会社を続ける必要があるのか、会社を続けるにしても、長期的に休む必要があるかなどを考えておかなければいけません。もし、うつ病ではないと診断された場合には、果たして今までどおり会社に通うことができるのか、それとも休みがちになるのかも決めておきましょう。どのように判断されてもよいのに、初回は気持ちの準備が必要です。診察を受ける場合には、お金が必要になります。精神科や心療内科に行ったことがない人は、どれぐらいのお金がかかるか想像もつきません。基本的には、薬が出るかどうかなどによって異なります。また、初回に検査をした場合にはその分だけお金を余分に支払わなければいけません。ちなみに、保険が適用されるかといえば保険が適用されますので7割は国が負担してくれます。そのため、2週間に一度ぐらいのペースで通ったとしても、毎月1万円未満で治療を受けることができるでしょう。