うつ病のことを自分自身が受け入れることが大事

サイトメニュー

仕事が辛いときには

医者

悩み事を解決する方法と仕組みを理解する

就職活動をして無事に就職したとしても、その仕事が自分にとってやりたい仕事ではないこともあります。多くの場合、理想通りの職場に就くことはできませんが、その中でも精神的に弱い人は理想と現実のギャップに疲れてしまいうつ就職の状態に陥ってしまいます。うつ就職の状態になると、会社に行くとしてもなかなか気分が乗らないだけでなく、腹痛や発熱そして頭痛に悩まされることになります。一度会社を休んでしまうと、立て続けに休んでしまい休む日と会社に行く日が半分半分ぐらいになることも少なくありません。そして、いつの日か会社にいけなくなることもあり得ます。もしその状態に陥った場合には、精神科や心療内科にお世話になることになるでしょう。精神科や心療内科に行く場合には、1回通っただけで治るわけではありませんので、長期的に通う必要があります。うつ状態が軽度のものであればおおむね1ヵ月から3ヶ月通うことでかなり状態は良くなるでしょう。ですが、重度のうつ病で要介護状態の場合は1年以上かかることも珍しくありません。良い治療をしてくれる先生がいるところは、カウンセリング形式でも患者から答えを引っ張り出すような質問をします。質問することに対してたけており患者自身が自分はなぜうつ病で悩んでいるのかあるいは苦しんでいるのかがわかるようになるわけです。

うつ就職の状態で仕事をすることができないため、精神科や心療内科に行くことになりますが、時保険が適用されるかが問題になります。保険が適用されれば、基本的に7割は国の方で負担してくれるためずいぶんと費用も少なくなるでしょう。結論から言えば、うつ就職の場合には保険が適用されると考えて良いです。なぜなら、うつ病も立派な病気だからです。保険が適用される場合、薬代なども安くなりますが、基本的には薬だけでうつ病を治すのは難しいです。心療内科や精神科でも、薬をよく出すところもありますが、必ずしもそのようなところばかりではありません。医者の中にも、薬よりもカウンセリングで治療しようとしているところもあるため、本格的に治したい場合にはカウンセリングを重視しているところにお願いする必要があります。ただ、多くの場合はカウンセリングをする一方で薬を出すことになるでしょう。一時的に精神状態を安定させるために薬を出しますが、それと同時にカウンセリングをすることでその人の心の中の状態を把握し自分で答えを取り出すようにしてもらいます。結局は、うつ病になった人が自分で解決する部分が大きいため、カウンセリングを重視しているところも増えてきているわけです。