うつ病のことを自分自身が受け入れることが大事

サイトメニュー

うつ病で就職したいなら

医者

障がい者手帳を取得しよう

うつ病で就職を目指していると、さまざまな壁が見えてきて、ウンザリしてしまうかもしれません。しかし、働ける状況にあると医師から診断を受けているのなら、やはり就職したいと考えて当たり前でしょう。もしも、うつ就職をしたいと考えているのなら、国の制度を利用することを考えたほうがよいです。とくに、障がい者手帳はうつ就職のときにとても役に立つので、取得できるのなら持っておいたほうがよいです。うつ就職を考えている方に、障がい者手帳の取得をおすすめするのは、障がい者雇用枠が設定されている会社があるからです。そこの枠は健常者では入れないため、ライバルが少ない状態でうつ就職を目指すことができるのです。競争がかなり楽になるので、障がい者手帳を得られる条件を満たしているのならさっそく取得の手続きをおすすめします。なお、障がい者手帳の取得をするためには、病院で診断書を書いてもらわなければいけません。自分のことがうつ病だと分かっているのなら、すでに病院に通っているでしょうから、担当のドクターに書いてもらいましょう。診断書には保険は適応されないため、いつもの支払いとは別に5000円程度(病院によって学は異なります)支払うことで書いてもらえる病院が多いです。

うつ就職のために障がい者手帳を取得するのはメリットだけではなく、デメリットもあると感じる方もいるでしょう。しかし、障がい者枠で雇用されるということをデメリットに感じなければ、これといって大きなデメリットはありません。交通公共機関の運賃が安くなったり、美術館などがお得に利用できるようになったりと、メリットのほうが多いといえるでしょう。ちなみに、自分では働けると感じていても、まだまだ働くのが難しい場合があります。そのまま就活してはうつ病が悪化してしまう可能性があるので、絶対に自分の意思だけで行動を起こすのはやめましょう。医者のゴーサインがでて初めて就活を開始できるため、焦らずに病気を治すことが大切になります。病院によってはリワークプログラムを提供してくれるところもあって、そちらなら治療を受けながらうつ就職に備えられます。なお、一般求人で障がい者枠を探すのは難しいため、近所にある公共職業安定所を訪れてみましょう。そちらで事情を話せば、障がい者枠がある会社を紹介してくれる可能性が高いです。もちろん、最初は公共職業安定所で一般求人を探してみて、難しいと感じたのなら障がい者枠で探すこともできるので、自身が好きな方法でうつ就職にチャレンジしてみましょう。